小さな人間としての尊厳

尊厳と言う程の事でもないのですがね、最近の派遣仕事でどうにもいたたまれないことが何度かあったのですよ。
一つは、ベッドメイキング現場でのこと。
仕事も終わり間際に、ベテランの爺様が来ていきなりベッドメイクのチェックを始めやがった。
それで、ダメ出ししながら警察学校の寮以来のシーツ引っぺがしをされ、事細かく「ここはこう」と指導された。
ちゃんと教えてもらっていなかった儂としては内心「もっと早く教えろや」なんて思いつつ聞いていたわけです。
しかし、この爺さんは儂と同じ立場の派遣バイトな訳です。
儂は何度かのこの現場で専属メイドのおばちゃん達から教えを請うていて、おばちゃん達曰く「スピード」
早く作業をしないと自分達の仕事が前に進まないと。
そこで、フィリピンの方から裏技を教えてもらった。
今までもたもただった一個のベッドにかかる時間が5分程で済む。
もちろん習ったばかりで、上手くはいかないのだけど、早く出来そうな技であった。
他にも色々メイドのおばちゃん達から教わっていたのに、この爺さんの拘りでその場で全否定されてしまった。
先日のスーパーでの一件以来、爺さん達への言動には要注意と静かに聞いた。帰りながらなんとも言えないモヤモヤが襲ってきた。

もう一つは、設営の派遣バイトでね。
40歳位の元請けから「おじさん」「おじさん」と呼ばれるわけです。
歳だから力無いだろう的な使い方です。確かに歳に関係なく体力には自信がないのですけどね^_^
若い奴らに「おじさん」って呼ばれるのは特に何も感じない。逆に「おじさんに無理言うなよ」などと自虐ネタにしたりもする。しかし、40歳過ぎたおじさんに「おじさん」扱いされるのにとてま凹んだ。
「この手の仕事も用無しなのかなぁ」なんてトボトボ歩きながら黄昏の帰途へついた。